太陽光発電を試す(前置き)

雪が溶けたのでリフォームを再開しようと思う。といっても冬眠中だったからというわけでもない。よりによって昨年初夏に脚を怪我して、半年以上ギブス生活であった。以後ずっと力仕事とか脚を屈伸するようなリフォーム作業は頓挫していたのだ。年がかわって、ようやくギブスも外れたところだ。筋肉の落ちた左脚をトホホ・・と眺めながら、寒さが緩むのを漫然と待っていたのである。

手始めに、玄関先に小型の太陽光パネルを設置をしよう。

家は3階建てである。一階がコンクリート打ちっ放しのガレージと物置スペースとなっている。天井高が2mしかないが面積が80平方m程度あるので、発作的に移り住んでしまったのだ(居住空間よりもそれが決め手だったりした)。

玄関は二階にある。玄関扉の手前には「玄関フード」=サッシで出来た「風除室」がある。これが北国というものである。

そこに草花などを置いて和むのもいい。でも無粋な私は太陽光パネルを置こう思う。いちおう屋内なので防水もそれほど考えなくてすむ。

引っ越し前からそれは計画にあった。玄関の周辺にはACコンセントが無く、夜になると余りに暗い。鳥目で老眼の私は鍵穴を探すのに四苦八苦する。

もう一つ理由がある。配電盤が玄関横にあるのだ。そこに電力センサーを設置して全体の消費量をモニタしたい。そのための電源として12Vバッテリの電線を張り巡らそうということである。

ホントなら去年の夏にはできあがってたはずなんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする