プロバイダ変更その後。v6サービス解除が面倒だった件。

利用していたプロバイダがDS-Liteの対応をやめたのでプロバイダ変更を考えた、という記事から一週間 ようやく、変更できそうです。

いままではso-netを使ってました。so-netがVNEをmfeedからJPNEに変え、その結果DS-Liteを使うのが無理となり、v6プラスに変えるのが面倒なのでサービス解除を申し出る、というのが前回のお話です。

その後の顛末をメモしておきます。

so-netは、今回のVNE変更にともない、それまでのIPv6サービス契約(無料)をv6プラス契約に自動移行させています。

つまり旧契約解除手続きと新契約申し込み手続きをso-netが自分の手元でやっちゃっているわけです。

それだと困るので解除を申し出し、so-net側の解除もすんだのですが、それから数日たってもIPv6サービスのVNE側で解除がされませんでした。

先週末、so-netの窓口に電話し直したところ、「申し込み」ステータスが立っているユーザは、実はほとんど即座にJPNE側に登録されてしまっていて、さらにso-net側の解除手続きが終わっているのだがJPNEが情報を掴んだままになっているらしい、とのことでした。

で、ようやく本日、JPNE側の登録も解除になったようで、これでめでたくプロバイダ変更できるようになりました。

Interlinkが2ヶ月無料期間サービスをしているのでとりあえずInterlinkを使ってみます。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする