ALUNAR-M508のextruder周りの修理と調整

最終更新日

3Dプリンタ購入からはや一月、予定していた工作(まずは年初にやってきたuBITXのケース入れなんですが、全然手付かず)そっちのけで改造とかテストをしてました。思った以上に面白いのではまってます。

PLAフィラメントでは、小物レベルとはいえ、かなり安定的に作れるようになりました。Z軸に近接センサーをつけたのが効いてます。

・・という矢先、ホットエンドヒータ(ノズルヒータ)がトラブってしまい、修理も兼ねてEXTRUDERまわりを弄りました。以下覚書です。

ノズルヒーターの修理

ある日プリントの途中で「heating failed」が頻発しました。あれこれさぐってみると、なんとヒータの圧着端子が緩んでいたのが原因でした。下の写真のように、線が簡単に端子から外れるという具合。典型的な接触不良です。

端子は耐熱ガラスチューブ(かな?)で囲われてましたが、この子も熱のせいか半分ぐらいボロボロになっていました。

しかたがないのでガバガバになってる端子を圧着しなおします。規格がわからないので、HOZANのP-706の2.4M部分でエイヤっとやりました。てきとーですが、こういう時にP-706は結構使える子です。

耐熱チューブの使えそうな部分を使いながら、テフロンテープ+熱収縮チューブで絶縁・固定しました。

テフロンテープは一般的にはポリイミド(いわゆるカプトン)よりも耐熱性が少し劣るようですが、粘着力に優ることと、無印のポリイミドしか手持ちがないので、むしろそれよりは素性が確かな日東テフロンを使うほうがいいだろうという判断です。

応急措置なので、ヒータ素子は交換予定です(注文中)。

EXTRUDERホルダーの歪みを治す

購入当初から気づいていたことですが、EXTRUDERモータを保持するコの字のホルダの直角が出ていませんでした。

開いてます。3mm鉄板なので、手だけでエイやとやってもいいのですが、すこし慎重にゴム槌と端材を使ってコンコンやります。紀文かまぼこ板を捨てないでとっておいてよかったと思う瞬間でもあります。

治りました。

センサーホルダーの作り変え

近接センサーは最初次のような位置に固定しました。

ノズルから離れすぎているので、ずっと気になっていました。この機会にEXTRUDERの角部分に移動させます。

元のホルダーを外して、現物合わせし、

バンドソーで余分な部分を切ってヤスリでバリをとり。


EXTRUDERの保持金具に3mmのタップ穴をあけて、固定します。

以前よりコンパクトに収まりました。

なお、最初このパーツを作った時は、3mm厚のアルミ板を使いましたが、強度はそれほどいりません。

1.5mm程度のアルミ板で十分だと思います。

またヒータの方から熱が伝わってくるのを恐れてましたが、過剰な熱をもつことはないとおもいます。

3Dプリンタ初心者のわたしのようなものが、へたに樹脂パーツをプリンタ作成しようと企てるよりは、アルミパーツで対応するのが安全・安心だと思ってます。

ノズルヒータ・ノズル温度センサーケーブルを着脱容易にする

少し使ってみただけですが、ノズル周りは頻繁に目視、掃除が必要と感じてます。ドリルビットを使い終わったら拭いて油を塗っておくっていうのと一緒・・というのは言い過ぎですが、それぐらいメンテに気を使っていい部分だと思われます。

またPLA以外にABSフィラメントも使う(予定)わけですし、穴径の違うものも試したいということになれば、ノズル、というかホットエンド全体を簡単に着脱できるようにしておくのが吉でしょう。

ヒータ・温度センサーケーブルがスパイラルチューブに囲われて基板まで一直線につながっていると、メンテする気が起きません。

というわけでケーブルに中継点をもうけ、コネクタ・アダプタをつけました。

できるだけホットエンド近くに付けたいところですが動作中どこで絡まるかわからないので、配線が可動部を過ぎたあたり(ノズルから筐体の頂点のほうに向かったあとケーブルが基板側に降りるあたり)に中継点を設けました。

下の写真は基板側からみたケーブルの様子です。上がセンサー、下がヒータ用。いずれもオスです1)ヒータはメスですね。すみません。ヒータ電源がコネクタでショートするのを嫌って本能的に?メスにしたみたいです。

センサー用ケーブルが細いので、コネクタも小ぶりがいいのですが、なかなか適当なものがありません。日圧のXHコネクタに圧縮チューブをつけています。

ヒータ用ケーブルは電流の大きさとコンパクトさを両立しなければならないので、さらに選定が難しいところです。いろいろさぐった結果ラジコン・電動ガンクラスタ?ご推奨の2Pコネクタを使ってみました。使い勝手がよろしいです。今後もあれこれ使い道がありそうないい部品を見つけた、という感じです。

 

References   [ + ]

1. ヒータはメスですね。すみません。ヒータ電源がコネクタでショートするのを嫌って本能的に?メスにしたみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする