一階コンクリ床の水滲みに緊急対処

中古購入時にすでにわかっていたことですが、一階のガレージ・倉庫スペースだった5区画のうち、北西の一画は水滲み注意場所です。

この角っこ付近から水が滲み出します。

台風とか、気温が緩んで雪が大量に溶け出す日には警戒が必要で、感覚的な物言いになりますが、1日でバケツ一杯分を床に蒔いた程度の水が床を伝う感じです。量的にたいしたことがないとは言え、経路上に荷物があると悲しいことになります。以前、未使用ダンボールがそいつにやられ、20枚ほど廃棄せざる得なかったことがあります。

今はそういう不幸を避けるため、少々経路が変わっても対処できるようにキャスターをつけた板をいくつかつくって写真のようにしてあります。

で、一昨日から気温が緩んで、昨朝、結構な水滲みを発見しました。今年は例年にない積雪なので、こいつらが更に溶け出すと嫌な感じになるので、防水作業をしてみました。

コンクリ床の水滲みを根治治療するには高度な作業が必要だと、グーグルさんは教えてくれるのですが、そんなことはさておき(・・さておくのです)、とりあえず滲み出してくる部分に防水コンクリを流してみました。

トーヨーの速乾防水セメント、というもので、一時間で硬化するというのが惹句です。写真の分量で約3キロ分。硬化が早いので最初は戸惑いましたが無事作業は終わりました。

で、作業したのは昨日で、ちょうどまる一日経ちました。

今日は昨日以上に雪解けが進んだのですが、水はとまってます。このまま雪が全部溶けてくれれば、なんとか乗り切ることができる感じです。祈っております。

 

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする