作業場の床不陸工事完了

先日記事に書いた作業場の不陸工事ですが、終わりました。

 

フローリングの上に巾木で高さを調整
コンパネを張ったところ

24mmのコンパネでしつらえてもらいました。組み込めるようにサネがついてるんですね、このコンパネ。

部屋手前と奥で約3cmの傾斜があったのが治って嬉しいです。もともと天井が低く(2m程度)、今回は床を剥がさずに調整巾木とコンパネを載せたので、190cmぐらいになりました。天井の蛍光灯に頭があたりそうになりますが、なんとかギリギリセーフ。ただし入り口のところは180cmぐらいあるかないかで、頭を何度もぶつけてしまいました(身長が180cm弱なので)。慣れるまではあと何回かはぶつけるでせう。

さて、この上に2.4mm厚のサンゲツの業務用フロアシートを張ります。

別の部屋にて使用実績2年半のものと同種です。モップで拭けるし、土足にも強いので導入しました。

今回は2m幅のものを10m分だけ買いました。10cmで200円のもの。接着剤も合わせて2万5千円ぐらいかかりました。

張り方が難しい。部屋の面積的にはギリギリ20平米で合っているのですけど、切り貼り必須となります(610cmX340cmの部屋なので)。

苦悩の切り貼り作戦書

その顛末は次記事にて。

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする