工作台周りの変更

スライド丸鋸とトリマをいつも使えるように工作台周りにトリマ台を横付けし、テーブル上に丸鋸置台を設置しました。

普段は丸鋸を置いて、トリマが必要な時はパネコートで作った丸鋸置台を外すという仕様です。

トリマ台下にあるトリマ。手前のアルミ箱はトリマの回転調整用ボックス。秋月の調光基板が入ってます。

なぜ電気工作メインの工作机にスライド丸鋸やトリマ台が必要なのかと言われそうですが、部品箱を置くための棚とか、あれこれの治具用に木材加工が必要だったりするのです・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする