inoue カーボン剥がしヘラ先を再生する。

INOUEのカーボン剥がしヘラはすぐれもので、特に最近使用機会がおおい道具です。

問題はカーボンだけに先端部分がすぐに摩耗して潰れてしまうこと。

こうなると、シールはがしなど本来用途の細かな作業に使うのは諦めて、2液接着剤を練るとか絵の具を混ぜるとかのヘラにするしかないのですが、ヤスリとコンパウンドでヘラ先を磨けばそれなりに復活することを発見?しました。写真は120番ー>480番で削って、ワシンのコンパウンドで磨いたところ。先端刃付け角度がどうしても新品のようにならないので鋭さはないですがシールはがしとかはOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする