はんだ付け作業机の整理

最終更新日

MCU−ライター棚に続いて半田作業用の机を整理しました。

ルーペ式LEDランプのルーペは使ったことがありません。こんな程度のルーペは、爺には役立たないのです。はい。

道具入れは100均のボックスです。本来は縦に立てて使うようです。横に寝かせると道具を斜めにさせるのがよろしいようで、別の部屋でもこの手の道具入れに使ってます。

最近使用頻度が高いのが300×200のステン板を2枚並べた「ミニ作業場」です。

この命名はJR1XEV吉本猛夫氏で、同氏の『作って楽しむDIY工作ノウハウ』で紹介されていたものです。ちょっとした切削や穴あけ、はんだ付け時の切子や屑を気にせず作業できるのがとっても気に入っています。同氏の本の作例は3mのベニヤ板ですが、あえて1tのステンを使ってます。ちょっと高価なデバイスを扱うときの静電気対策で導電マットをこの上に載っけることもあります。

小さなものを削るとか穴開けるとかといった、この手のアマチュア工作・加工ノウハウ本は菅原道雄氏の『鉄道模型工作技法』をはじめとして鉄道模型愛好家向けのものが色々参考になるのですが、電子工作愛好家向けのものとしてはこの吉本さんの本が一家に一冊という感じだと思っています。

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする