通信室がデイトレ風になるのはちょっと嫌だ・・

土曜日にアンテナを設置したので、ようやっとリグを机に常置しました。

PC系のほうがリグなんかより場所をとって、気分はもうデイトレーダーです。ネット、PCに依存しないで、電離層に振り回される無線人生を再開しようと思っていたのに、こんなはずじゃ・・・。

ところでJT65/9を使うにはdecodingに「それなり」のPCパワーが必要です。また、ソフトウエアがMS系OS向け(Windows)のものが多いので、その手の機器を整える必要があります。

Windowsマシンは計測用・CNC用の古いものしかもっておらず、最初それで試してみましたがお話になりません1)ところで総務省の電子登録Liteとか局検索システムは、MS IE以外のブラウザが未対応とか、OSバージョンにすら依存するとか、さいしょ意味がわからず椅子からころげ落ちました。ChromeはだめだしFirefoxはだめだし・・・

そこで新調!、というのは嘘で・・・、ほぼお蔵入りだった2009年製のMac miniとMacbookをbootcampにてWindows7専用マシンとして復活・設置しました。これで十分でした。

いずれも2009 Lateの4GBモデルです。デコード速度はMacbookの方がちょっと上っぽいですが、モニタの大きさが老眼野郎にとっては最大のポイントなので、Mac miniのほうをJTソフト用にしてモニタもDualにしました。右のモニタは連れ合いの店で使われないで転がっていたEizoのものです。nanaoのモニタなんてDOS-V黎明期から(古いなあ)高嶺の花で自前で使ったことがありませんでした。もったいないので使ってあげます。

左側のそれはショップの展示品(メーカーどこだったか忘れた)を値引き交渉して買ってきました。1万ちょっとだったかと思います。筐体が軽くて机に肘をつくだけで揺れます。チープですが横長なのが気にいってます。ただ買った後、HDMI端子しかついていないのに気づき、Macmini のminiDisplayポート変換ケーブルを購入せざるえませんでした。悔しい。

pc-jt

 

なお、前記事で書いた7MHz送信時(CWで50W以上程度)にPCにインターフェアがある件ですが、どうも144,430のアンテナが電波をひろって、無造作に机の上においていた同軸コネクタ経由でPC周辺に電波を撒き散らしていたらしいことがわかりました。

コネクタをPCから一定以上離すと問題がないのですが、機器アースやテーブルタップの配置を見直し、あとはフェライトコアと「パッチンコア」を線という線にデコレートしておきました。今度、スペアナで部屋内外の不要電波をチェックしようと思いますが、とりあえずは一安心。

 

References   [ + ]

1. ところで総務省の電子登録Liteとか局検索システムは、MS IE以外のブラウザが未対応とか、OSバージョンにすら依存するとか、さいしょ意味がわからず椅子からころげ落ちました。ChromeはだめだしFirefoxはだめだし・・・

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする