電力モニターの設置(その1ーVE管等の塗装w)

玄関手前の風除室に小型バッテリー(12V/7.5A)充電用の太陽光パネルを設置した、という記事を書いてすでに三ヶ月たってしまいました( 2016/03/12、太陽光発電を試す(部品の収集と組み立て))。

さすがにこのままだとバッテリーが劣化する一方なので、電力モニター(と玄関軒先のセンサー照明)を動かそうかと重い腰をあげます。

まずはバッテリーなどの配線管を設置しなければならないので、VE管の塗装な1466340542391どをやってみました。なんという迂回的な作業でしょうか。自分でもあきれます。

VE管は黒に赤のライン、サドルは赤と紺、フレキ用カップリングはシルバー、その他もろもろ。水性アクリルスプレーを使いました。

塗装は作業室でやったので、先日設置した塗装ブース対応の換気扇が大活躍しました。なおブースは使ってません(なんじゃそりゃ)。

いつ終わるんだろうか。・・。

なお本日塗装しながらセンサー照明に使う予定の USB LEDのアダプタを作りました。1466343162926IKEAで買った小型フレキのついたLEDランプです。一個5V60mA程度なのでバッテリー容量に耐えられるかと思ってます。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする