ストレッチフィルムホルダーの設置

塗装ブースをさらに改作しました。塗装もせずにブースばかり弄ってますが今度でおしまいです。booth-v2

吸気口位置が高すぎるので少し下に落としました。

落とした分、換気扇と吸気口の間に距離が出来たので吸引力が増しました。前の位置だとテッシュペーパー5枚程度でしたが、今回の改造で10枚程度は吸気口のハニカムフィルターにくっついてくれてます。吹き返しが抑制されたようです。

さらに塗装ブースの内張を塗装用マスカーからストレッチフィルムを使うように変更しました。

業務用梱包で使わIMG_20160610_230136れているストレッチフィルムはコストパフォーマンスがとてもよろしいです。

300m X 50cm一巻きで600円程度で購入できます。サランラップの巨大版なので作業室に一巻き置いておけば、何かを密封したり包装したり、紐の代わりにもなるので汎用的に使えそうです。

そこでホルダーをつくって常置するようにしました。

カッター用ガイド
カッター用ガイド

 

塩ビ管を芯にして天井からつり下げます。カッターで切れるようにガイドをアルミアングルで作りました。

フィルムは、広げたときに静電気が悪さして意図せず面がくっついたり皺が出来てしまうので、それを防ぐにはカットする前には霧吹きで水を少しかけてやるのがいいようです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする